2013年5月5日日曜日

Nexus 7 と Windows のUSB接続時の変な現象


Nexus 7 とパソコンをUSBケーブルで繋ぐファイルのやりとりは、
Windows Media Player のもつ機能を通して行うので、
ファイル管理の方法が特殊なようだ。

Windows に表示するためのファイル管理情報を記録した領域は、
Nexus 7 本体でのファイル管理情報を記録した領域とは
別の領域に設けられているようだ。

Nexus 7 で使っている時の最新のディレクトリーの情報が、
Windows 接続用のディレクトリーに同時には記録されていなくて、
Windows に繋いだときには、もう1段古い情報が表示されていた。

私のしたことをもっと具体的に書くと、

Nexus 7 で、
ESファイルエクスプローラーのメニューから
テキストファイルを新規作成し、
そのファイルを Jota Text Editor に読み込んで
文を書き込んで、上書き保存し、

Nexus 7 を直接USBケーブルでパソコンへ繋いだ。

しかし、
そのテキストファイルを保存した Nexus 7 のフォルダの
内容を Windows のエクスプローラーの詳細表示で見ると、
そのファイルのサイズは 0KB となっていた。

Jota Text Editor でファイルに文を書き込む前に新規作成したばかりの状態、
という風に Windows には認識されていたと思われる。

そのファイルを Windows のデスクトップへコピーして、
コピーされたファイルを開いても、中身は何もなかった。

すぐにもう一度 Nexus 7 でコピー元のファイルを見てみたら、
先ほど書いた内容がきちんと保存されていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿